商品カテゴリー

パワーストーン(天然石)

水晶から探す

フラワーエッセンス(レメディ)

浄化グッズ

麻製品

アロマ・エッセンシャルオイル

トルマリン・グッズ

ジェモセラピー(植物の新芽療法)

蓮・LOTUSグッズ

Tシャツ・雑貨

イルカ(ドルフィン)グッズ

修理

浄化・お手入れ方法のご案内

パワーストーンのパワーを良好に保つには「浄化」が必要です

なぜ浄化が必要なのか???

201645161619.jpg

天然石は人にエネルギーを与えてくれると同時にマイナスエネルギーを吸いとってくれます。それは自分自身のものであったり、周囲のものであったりします。石にマイナスエネルギーがたくさんたまってくると、石はパワーダウンしてきます。
つまり元気がなくなり、持ち主に対する働きが鈍ってくるのですね。たくさん働いてくれた石ほど、お疲れの度合いも大きくなります。
なので、石に溜まった邪気を取り除き、常に良いパワーを保つために浄化が必要なんですね。

石がパワーダウンするとどんな変化が起こる???

・石の色が薄くなる
・ヒビやカケが入る
・割れる
・艶がなくなる
・石の形が変化する
・石にへこみや窪みができる
・石そのものが小さくなる
・石に黒や茶色っぽい汚れが現れる
・水晶が黄ばむ

ブレスレットが疲れてしまった場合、石にはどんな変化が起こる???

・疲れている特定の石の穴の内側やゴムだけが黒く汚れる
・ゴムが切れる
・ゴムが急に伸びだす

不思議なことですが、エネルギーが汚れている石には自然と黒っぽい汚れが引き寄せられてくるものです。また、ゴムが切れる又は伸びるという時は、ブレスレットとご自身との波長が合わなくなってきている時で、持ち主と離れる作用が自然と起こってしまうようです。

⇒浄化グッズのご購入はコチラ

⇒パワーストーンの種類別「説明と浄化方法」はコチラ

浄化が足りないと・・・石はパワーを発揮できません

石は持ち主の日々のストレスや疲労、環境的な汚染、周囲の人々や場所の邪気(マイナスエネルギー)と日々格闘しながら持ち主を守ってくれています。購入時にせっかくキレイであった石の波動も、日々マイナス波動にさらされていると次第に汚れていきます。浄化不足でエネルギーが汚れてしまった石は働きが落ちるばかりでなく、持ち主に不快感を与えてしまいます。

そうなってしまった石たちは、もはや「パワーストーン」ではなくなってしまいます。それは、とてももったいない事。ゴムがびろびろに伸びてしまっているブレスレットも、エネルギーが下がってしまっていると考えても良いでしょう。購入以来、一度も浄化していないとなると、石のパワーが落ちていても仕方ありません。

なるべく丁寧な浄化を心がけて、貴女のパワーストーンをご自身の手でそのパワーと輝きをキープするようにしてください。

ブレスレットのゴムが切れてしまった時は・・・浄化不足が考えられます

ブレスレットの石が働いたことにより、ご自身のマイナス波動や周囲の邪気などを吸収して、波動が落ちてしまい、ご自身よりもエネルギーが落ちてしまっていることが考えられます。または、石の種類が合っていない、石のパワーが弱すぎる、強すぎるなどで、ご自身と波長的に合わなくなってしまうと、やはりゴムが切れることがあります。失くしてしまう、壊れてしまうも同様です。波長が合わなくなると、石は離れて行こうとするものです。
留め金具付の天然石アクセサリーの金具が、何度修理しても壊れてしまう時も石とご自身との波長が合わなくなっていることを疑った方が良いでしょう。
⇒ゴム交換、修理に関してはコチラから

ハナレイでは初回のご購入時に「浄化について」の小冊子を差し上げております

浄化はどのくらいの頻度、タイミングですればいいか???

パワーストーンのパワーを良い状態に保つには、なるべくまめに浄化することが大切です。どれだけ石の浄化できているかが、石のパワーの決め手になりますので、浄化はなるべく頻繁に念入りにが最も効果的です。石はいわば、自らの分身のようなもので、自らの状態を映し出します。できれば、毎日の入浴と同じように、石の汚れも日々落としてあげましょう。

流水での浄化がOKの石は、一日の終わりや帰宅のタイミングで手洗いと同時に洗う癖をつけると負担になりません。セージやお塩での浄化は一週間に1回~2回程度、ご自身がスッキリしたいと思った時に行いましょう。

石がどんよりと曇って見える、自分自身の調子が悪い、体調が悪い、イヤな事があった、他の人に触られた、エネルギーの悪い場所(疲れる場所)に行った、大きな目的を達成した、ブレスレットのゴムが急に伸びだした、そのほかスッキリしたいと思った時は必ず浄化をしてください。

浄化の方法

パワーストーンの浄化方法にはいくつかの方法があります。
どの浄化方法をどのタイミングで行うかは、石と波長を合わせてみて、ご自分の感覚で行ってください。いくつかの浄化方法を組み合わせて頂くとよりパワフルな浄化ができます。
また、石の種類によっては浄化方法を選ぶものもありますのでご注意ください。
⇒パワーストーンの種類別「説明と浄化方法」はコチラ
後述【注意】流水や塩に弱い石も参考にしてください。

クォーツ(水晶の仲間)やアゲート(メノウの仲間)などの硬度の硬い石は、特にお水(流水)や塩での浄化が効果的です。また、セージでの浄化はとてもパワフルで、あらゆる石の浄化に適していますので、パワーストーンを手に入れたらぜひ導入してみてください。セージは人間やお部屋の浄化にも大変お勧めです。
⇒浄化用セージのご購入はこちらから

流水

202154122054.jpg

石を流水(水道水でOK)で良く流し、タオル等で拭いてください。浄化の時間はご自分がスッキリしたなと感じるまでが目安ですが、3分程度行っていただければ万全です。冬の時期等、手が冷たくて耐えられない場合は、石を器に入れて水を数分間流しっぱなしにして浄化を行ってください。美しい山の湧き水や海水、川の水などの自然水で洗う機会があれば、より効果的です。自然水はエネルギーが高いからです。水は流れているからこそ、浄化力が備わります。ミネラルウォーターに浸しているよりは、水道水の流水をお勧めいたします。
水晶は水との相性がとても良いので、特に流水での浄化がお勧めです。

流水の浄化が不適の石もあります。流水や塩に弱い石の種類は後述【注意】をご参照ください。

 セージ

20215412263.jpg

セージはネイティブ・アメリカンが古来より聖なる薬草として儀式や祭事に使用してきたもので、邪気やエネルギーの汚れを取り払う力に優れています。
乾燥したセージの葉に火をつけて煙で石をいぶすことで石が浄化され、自分自身もスッキリしてきます。 あまりにも石のエネルギーが汚れていると煙が消える事があります。その場合は勢いよく煙が出るようになるまで根気よくセージを焚き続けましょう。
石が自分と共鳴しますので、ご自身が疲労している場合や部屋のエネルギーがよどんでいると、火が燃えにくい場合もあります。
セージでの浄化が終了したら、お部屋の窓を開けて換気をしましょう。

セージはあらゆる種類の石の浄化に適しておりますので、持っていると便利です。
⇒浄化用セージのご購入はこちらから

スマッジング

セージの煙でいぶし浄化、清めることを「スマッジング」と言います。スマッジングは自然とともに生きるネイティブ・アメリカンにとっての古代からの知恵で、大変に神聖な行為として、部屋や場所、空間、石、人の身体やオーラ、人の想念などを浄化してきました。

スマッジングは身体の浄化にもお勧めです!

ネイティブ・アメリカンは人がまとっているネガティブなエネルギーこそが病気や良くない出来事を引き起こすと考えており、人の身体をスマッジングする事により、邪気や不必要な執着から解放され、自らの道を踏み外すことなく、正しい導きに従って生きていくことができると提唱しています。植物(ハーブ)の自然の香りは気持ちを落ち着かせ、リラックスさせる効果も大きいですね。セージの学名(ラテン語)は「Salvia Officinalis」であり、「Salvia」は「健康」という意味と「救済」という意味を持っています。これは病気や精神的危機からの救済を示しているのかもしれません。

塩

石がどんよりと曇って見えたり、重たく感じた場合、また、ご自身がスッキリしたいと感じる時は塩をお使いください。塩水に浸ける場合は小さな容器に海水程度の濃度の塩水(約3%)を作っていただき、一晩か半日ほど石やブレスレットを浸けた後、水で塩気を落してタオル等で拭いてください。塩だけで浄化する場合は粗塩の上に直接石を置きます。

※塩に弱い石の場合は、ガラスの容器に石を入れて、塩の上にその容器を置く。または、石の周りに数箇所塩を盛る方法で浄化を行ってください。
※金属付のアクセサリーは錆の原因になるので、塩での浄化は控えましょう。

塩の浄化が不適の石もあります。水や塩に弱い石の種類は後述【注意】をご参照ください。
⇒浄化用の塩製品のご購入はこちらから
⇒パワーストーンの浄化に最適な「鳴門のうず塩」のご購入はこちらから

水晶・アメジスト

水晶・アメジスト

水晶(クリスタル)やアメジストのクラスター(原石のかたまり)での浄化は、流水や塩が不適の石の浄化には特にお勧めです。より透明度を増してクリアーにしたい時は水晶を、より邪気を落として清めたい時はアメジストが適しています。クラスターが手に入らない場合は水晶やアメジストのチップで代用します。また、穏やかで平和なパワーに包まれたい時はローズクォーツのチップもお勧めです。

浄化方法はクラスターやチップの上に石やブレスレットを置くだけ。ご自身が寝ている夜間はクラスターやチップの上で石を休ませてあげても良いですね。一番のお勧めは他の浄化法との併用です。他の浄化をしたうえで、水晶やアメジストに乗せる、これがもっとも万全な方法です。

※浄化用のクラスターやチップも時々、流水や塩や太陽(水晶に限る)で浄化しましょう。
置かれているパワーストーンの邪気を吸収していることがありますので取り除いてスッキリさせましょう。

⇒浄化用水晶のご購入はコチラから

クリスタルチューナー

202154123321.jpg

クリスタルチューナーはあらゆる種類の石を浄化することができます。石のみならず、人間のオーラやお部屋の浄化にも適しておりますので、1つ持っていると便利です。

チューナーを水晶の原石(ポイント)に打ち付けることで奏でられる「音のバイブレーション」によって浄化します。

◎石の種類に関わらずご使用いただけるので便利です。
⇒お水や塩などの浄化が向かないタイプの石の浄化には特にお勧めです。
◎石のサイズにこだわらずご使用いただけるので便利です。
⇒水で洗うと流してしまいそうな小さな石(さざれチップやピアスなど)
⇒持てないくらい重い大きな石(大きなクラスターやアメジストのジオードなど)
◎金具付きのアクセサリーも錆を気にせずに浄化できます。

⇒クリスタル・チューナーのご購入はコチラから

クリスタルチューナーとは・・・?

クリスタル・チューナーは水晶の持つヒーリングパワーを引き出す目的で作られた特殊な音叉(おんさ)で、毎秒4096H(ヘルツ)という高周波を発するように調律されています。4096Hzは、 天使界の周波数とも言われており、精神や意識、中枢神経に働きかけて心と体のバランスを正すと言われる周波数です。クリスタル(水晶)との相性が良く、クリスタル・チューナーと水晶との相乗効果で、身体のバランスをポジティブに整え、心と身体に高いヒーリング&リラックス効果をもたらすとされています。身体のみならず、パワーストーンやアクセサリー、オラクルカードなどの浄化にもお勧めです。

ご使用方法

◆浄化したい対象物の近くで、片手にクリスタル・チューナー、片手に水晶の原石(先の尖った単結晶のもの)を持ち、水晶の先端以外の部分を軽くたたき音を奏でます。美しい音のバイブレーションを浴びせるイメージでチューナーを浄化したい対象に向けます。同時又は後に、水晶の先端も対象に向けても良いでしょう。(水晶の原石は、先端部からエネルギーを集中的に放出します)
◆人の身体を浄化する場合は「頭頂部の15cm~20cm程度上」や「重たく感じる箇所や身体の部位」や「リセットしたい箇所」や「癒されたい箇所」の近くなどで行います。眼を閉じてその音とクリスタル・チューナーのバイブレーション(響き)を感じリラックスします。すっきりしたなと感じるまで数回続けてください。
◆空間や部屋の場合は、少し強めにクリスタルを叩き、浄化します。
クリアになるにつれて音がキレイに響くようになります。音の響きが鈍く感じる場所はエネルギーがまだ重たい(邪気のある)場所ですので、澄んだ音が響くようになるまで数回続けてください。

【注意】流水や塩に弱い石

流水や塩を使うと艶がなくなり、風合いが損なわれる可能性があります。セージやクリスタルチューナー(音叉)、月光浴、水晶やアメジストのクラスターや水晶チップによる浄化をお勧めいたします。

  • 水や塩が不適の石
    アズライト、アズライトマラカイト、アポフィライト、アラゴナイト、アンバー(琥珀)、インカローズ、エンジェライト、プレシャスオパール、カイヤナイト、カルサイト(各種)、ギベオン、クラッククォーツ、クリソコラ、コーラル(珊瑚)、淡水パール、ターコイズ、セレスタイト、セレナイト、パイライト、パール(本真珠)、マザーオブ・パール、マラカイト、ラピスラズリ等
  • 塩は不適。水の浄化は短時間、さっと洗う程度にした方が良い石
    サンストーン、ソーダライト、タイガーアイ、タンジェリンクォーツ、チャロアイト、翡翠(ひすい)、ピンクオパール、ブルーオパール、フローライト、ヘマタイト、ホークスアイ(ブルータイガーアイ)、ラリマー、レッドタイガーアイ、レピドライト等


ブレスレットの中に数種類の石が混じっていると浄化方法を迷いますね。

⇒流水や塩の浄化が適している石たちの中に流水や塩に弱い石が混じっている場合は
セージ、クリスタルチューナー、水晶などを使用してください。
流水を使用したい場合には、流水不適の石になるべく水がかからないようにして、他の石を水で洗いましょう。
また塩を使用したい場合には、ガラスの容器にパワーストーンを入れて、ガラスの容器ごと粗塩の上に置きましょう。

エネルギーチャージについて

浄化を完了した上でエネルギーチャージすると、より石がパワーアップします

エネルギーチャージについて

月光浴
月光浴(特に満月がパワフル)は石を浄化し、パワーを増幅する力があります。庭やベランダなどの屋外、または月光の当たる窓際に一晩置いておきましょう。適当な場所がなければ、屋外に出て、短時間でも石を月光に当てます。「石を浄化・パワーアップする」という自らの意思とともに月光浴を行うと、より効果的。月光浴はあらゆる種類の石に適しております。

日光浴
水晶に関しては日光浴(特に朝日)もお勧めです。水晶以外の石は日光浴は控えた方が無難とされていますが、太陽の明るいパワフルな エネルギーをチャージしたい時は、短時間の日光浴なら石へのマイナス影響はほとんどありませんので、行ってみてください。
水晶・アメジスト
石を水晶やアメジストのクラスターの上に乗せるチャージ方法は毎日できるお手入れとして人気があります。 クラスターの代用品として、水晶やアメジストのチップは比較的安価なのでお手軽にお求めいただけます。
自然の氣
パワースポットや海、山などの自然の豊かな場所に持って行くことも、とても良いエネルギーチャージになります。特に水晶はその場所のエネルギーを吸収して、ぴかぴかに光り、ぷるぷるとした印象に変わりますので、ぜひお試しください。自然の湧水や美しい川の水や海水で洗っても良いでしょう。自然水には、水道水にはないエネルギーが宿っています。

ハナレイでは初回のご購入時に「浄化について」の小冊子を差し上げております

他店でご購入のブレスレットも当店で浄化の上、リフォームいたします

切れてしまったブレスレット、ゴムが伸びてしまったブレスレット、色がくすんでしまったパワーストーンなど・・・まだパワーがあるかどうか?使っていても大丈夫であるか?ご自分では判断つかない事もあると思います。

ハナレイでは他店でご購入されたブレスレットでも店頭で浄化し、お客様との相性チェックをした上でリフォーム・組み換えすることができます。⇒詳しくはコチラから
※浄化や相性チェックは当店にてリフォームをご希望のお客様に限らせて頂きます。