商品カテゴリー

パワーストーン(天然石)

水晶から探す

フラワーエッセンス(レメディ)

浄化グッズ

麻製品

アロマ・エッセンシャルオイル

トルマリングッズ

ジェモセラピー(植物の新芽療法)

蓮・LOTUSグッズ

Tシャツ・雑貨

イルカ(ドルフィン)グッズ

修理


姉妹店「Crystal Terrace」はこちら

~1月の誕生石 ガーネット《情熱・気力・勝利・愛》~

プロローグ

 

今月から誕生石について、毎月ご紹介していければと思います。
今月は1月の誕生石「ガーネット」についてお伝えします。

今ある目標を達成したい、勝負運を高めたい、受験勉強や資格勉強を頑張りたいといった、努力を成果に結びつけたいと思っていませんか?ガーネットはそんなあなたにピッタリなパワーストーン。情熱をもって踏ん張り抜く力を授ける最強ストーンです。

赤色は勝負カラーとして知られていますが、他人との勝負だけではなく自分に打ち勝つための色でもあります。そのためガーネットは自らの意志を全うするためにも力を貸してくれるのです。例えばダイエットや片付け、仕事や勉強の目標値への到達など、決めたことを最後まで諦めずにやりぬくためのパワフルな味方になってくれるでしょう。

ガーネットは「グラウンディング」にも大変お勧めの石です。赤色の石の中でも黒色の石に次ぐグラウンディング力を兼ね備えていると言っても過言ではありません。
グラウンディングが弱くなると頭部に氣が上がってしまい、頭が煮詰まってしまいます。直感で判断するのではなく、頭で考えすぎてしまう人にこの傾向が多く見られます。頭部の興奮状態が収まらずに寝つけないとか、IT機器類の使用疲れやSNS疲れも解消しにくくなってしまいます。このような状態もグラウンディングが促されることで解消に向かいますので、現代を生きる人々には大変有効な石であると思われます。

※グラウンディングとは地に足をつけること。頭でっかちではなく、下半身~足元のオーラがしっかりとしており地球に根ざしている状態。

1月の誕生石 ガーネット

ガーネットは1月の誕生石で、世界最古のパワーストーンの1つとして言い伝えられています。

実はあまり知られていないのですが「結婚18周年の記念石」でもあります。『忠誠/変わらぬ愛』という意味を持つガーネットを結婚18年目の記念日に贈りあうことで、改めて愛を誓い合うのにぴったりな石なのです。ぜひ、結婚18年目の際に贈り合ってみてはいかがでしょうか。

ガーネットの石言葉

石言葉は「真実」「友愛」「忠実」「勝利」「繁栄」。
強力な魔よけとネガティブを排除する効果がポジティブな気持ちへと変換を促し、身に着ける人に自らを信頼する力を授けるので、「真実」「友愛」「忠実」「勝利」といったことに向かって行動する活力をサポートしてくれるのでしょう。石言葉をもとに身に着けてみたり、大切な方へお送りするものも素敵ですよね。

ガーネットの名前と意味

「情熱の石」「実りの象徴」とも言われているガーネット。
ガーネットは、もともとラテン語の「種子・種のような」を意味する「granatus(グラナタス)」が由来とされており、結晶の形を柘榴(ざくろ)の種に見立てて命名されました。和名では、赤い実のようなということで、柘榴(ざくろ)石と呼ばれています。

ガーネットの色の種類

ガーネットは総称として使われており、その色は10種類以上あります。ガーネットというと深みのある赤色が一般的ですが、赤紫色(ロードライトガーネット)、ピンク色よりの赤色や、その他にも緑色、オレンジ色、無色、黄色、褐色、黒色など様々なカラーがあります。

ガーネットの効果

ガーネットは、持ち主のやる気を引き出し英気を養って、目標達成に向かって努力の成果を実らせるのに有効です。自身が掲げている目標や課題、夢に向かう際にあなたをサポートしてくれるでしょう。タフさと粘り強さを授け決めたことを全うし、努力したことを具現化させてくれる石なので、今何かを頑張りたい、達成したいと感じている人にピッタリな石となっています。

ガーネットは恋愛にも大変お勧めの石です。愛する心や慈しむ心を育て恋愛成就へと導きます。嫉妬や憎しみなどの負の感情を手放しポジティブな恋愛へと一歩踏み出したい人や、情熱的な恋愛、燃えるような恋を願う人におすすめです。赤い糸の伝説から、深紅のガーネットは運命の人との出会いも象徴します。

ガーネットの歴史

ガーネットは古来より魔よけのお守りとして重宝されており、歴史上で最も古い宝石のうちのひとつとして有名です。「勝利の石」ともされており、戦いに行くときのお守りとしても使われてきた歴史があります。傷口を塞ぐために使われていたという説も残っているほどです。
その他にもガーネットの歴史には多彩なストーリーが語られてきています。
ユダヤ人の伝説によると、旧約聖書の中の物語である「ノアの方舟」に大洪水の中で暗闇を照らす灯火として、ガーネットが吊り下げられたと伝えられています。

ガーネットの産地

ガーネットの産地はインド、スリランカ、チェコ、アフリカ、ロシア、ブラジル、アメリカなど全世界で採掘されています。

ガーネットが対応しているチャクラ

ガーネットは第0チャクラと第1チャクラに対応しており、グラウンディング(地に足をつける)作用を強力にサポートしてくれる代表的な石のひとつです。

チャクラについてはこちら

例えば、頭がぼーとしていてふわふわしている感じがする、肉体の疲労がなかなかとれない、すぐに諦めてしまったり、活力や気力がわかない。そんな人は「グラウンディング」が弱っている証拠です。そのような人の「地に足をつける」サポートをしてくれる石の1つとしてガーネットがあげられます。

ガーネットの浄化/お手入れ方法

⇒浄化・お手入れ方法はこちら

⇒浄化グッズはこちら


ガーネットの硬度は6.5~7.5程度と非常に丈夫な石で、水にも強いです。
浄化方法としては、流水で流す、セージの煙でいぶす、水晶クラスターや水晶チップに乗せるなどをおすすめします。熱に強い石ではあるので、太陽が出ている日中にアクセサリーとして着けることは問題ありません。

鉱物データ

英名   Garnet
和名   柘榴石(ざくろいし)
分類   ケイ酸塩鉱物
化学式    Fe3Al
   白、紫、赤、桃、黄、緑、茶、褐色
モース硬度    6.5-7.5
石言葉    真実、友愛、忠実、勝利、繁栄
主な産地    インド、スリランカ、チェコ、アフリカ、ロシア、  ブラジル、アメリカ

エピローグ

1月の誕生石・ガーネット、いかがでしょうか?

誕生石といった切り口でパワーストーンを探してみるのも面白いですよね!誕生石はその人の一生を通じての守護ストーンとなります。

また、1月生まれの大切な人にガーネットを贈ってみてはいかがでしょうか。

1月は誰にとってもガーネットのエネルギーを受け取りやすい時期です。1月生まれでなくても赤い情熱的なパワーやグラウンディング、勝利、魔よけを求めている人はぜひガーネットをお迎えしてみてください。

ハナレイでは以下のようなパワーストーンを取り扱っております。
ガーネットはこちらから
グラウンディングのためのパワーストーンはこちらから

当サイト内参考ページ:
チャクラとは何か?
グラウンディングを促すためのアイデア 
グラウンディングのための クリスタルヒーリング"自宅で簡単にできる"

次回は、2月の誕生石「アメジスト」です!お楽しみに。

石のパワーや働きは古来より伝承される「いわれ」であり、その効果を100%保証できるものではありません。
石に力を貸して貰いながら、自分自身が「こうなりたい」と強く思う「意志」が希望を引き寄せる大きな力となります。 大切なのは「石」と自分の「意志」とのコラボレーションであると考えます。